筆者のプロフィールはこちらから

座椅子作業にはこの肘置き!YAMAZEN脇息KYO-12M(DBR)の性能を個別紹介

便利アイテム
スポンサーリンク

座椅子や座布団に座ってPC作業する方は専用の肘置きが欲しいと思ったことはないでしょうか?

今回紹介する肘置きはYAMAZENから発売されているKYO-12M(DBR)というものです。

こちらは床に直接置いて使える脇息というタイプの肘置きなので座椅子作業をメインにしている人ほど役に立つかと思います。


肘置きKYO-12M(DBR)の基本性能

YAMAZEN肘置きKYO-12M(DBR)の基本性能を簡易的にまとめました。

YAMAZEN肘置きKYO-12M(DBR)の基本性能
メーカーYAMAZEN
商品名KYO-12M(DBR)
サイズ (W=幅、D=奥行き、H=高さ)[W420×D160×H360(mm)]
カラーダークブラウン
材質天然木 ポリエステル ウレタンフォーム
総重量2.48kg

YAMAZENから発売されている脇息というタイプの肘置きになります。

脇息は床に直接置いて使うため肘置き以外にも、もたれ掛かるような使い方が出来る程度に丈夫な作りの物が多いです。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

因みに脇息は時代劇の殿様がよくもたれかかってる肘掛のことですよ

ローデスクタイプの机を使う時は取り付けタイプの肘置きよりも床に直接置ける脇息の方が使い勝手はいいかもしれません。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

こたつに入りながら作業したいって人にもオススメできるわね

ただ、このタイプは表の総重量を見て分かる通り取り付けタイプの肘置きよりも重いです。

持ち運んで使うよりは使う場所を限定して使うことになるかと思います。

脇息は取り付けタイプの肘置きよりも値が張るイメージですが、YAMAZENから発売されているこちらの脇息KYO-12M(DBR)は比較的値段も抑えられているので手を出しやすい商品と言えるでしょう。


肘置きKYO-12M(DBR)の高評価レビュー

Amazon参考の高評価レビューは以下の通りでした

「2018年5月に購入。 メインPCを座位で作業するようになって、肘の支えがあればもっと楽ちんだと感じ、検索したところこの商品にたどり着きました。 ただ、自分の体重は130kgあって、何かの表紙で体重を預けた場合、ボキリとイッてしまうんだろうなと覚悟して買いましたが 別段ぐらつかず、ミシミシとかいう音もせず今も使い続けられています。」

Amazon

体重をほぼ気にせずに使える頑丈さは取り付けタイプの肘置きにはない利点なので、耐久度重視で購入を考えている方にはベストな商品と言えます。

本体が木製なので重さはあるものの、在宅作業時に座位で据え置きとして使うと考えるなら長く使うことも可能でしょう。

「姿勢維持が困難な夫の「あのお殿様みたいなやつ」というリクエストで探していました。 店頭ではなかなか見かけないのですが、思っていた通りのものが見つかりました。 ひじ掛け付き座椅子では、そこから立って移動するのが難しいので 軽く動かせる本商品をとても気に入り愛用しています。 食事中に片肘を乗せておけるだけでとても楽なのだそうです。」

Amazon

脇息は中々見かけない物らしく、オンラインで購入するのがベターなようです。

作業用だけでなく、私生活にも使えるため上記のように姿勢に何らかの問題を抱えている方も身体の支えとして重宝する肘置きということでした。

また、取付タイプの肘置きも気になるという方にはコチラの記事もオススメです。

肘置きKYO-12M(DBR)の低評価レビュー

Amazon参考の低評価レビューは以下の通りでした。

「PCは座椅子派なので、マウスを動かす腕のヒジが宙ぶらりんで疲れるために購入。 びみょーに高いかな?慣れてしまえば言う程でもないですが。 Made in Chinaのため心配していたが、実に値段相応。 変な心配は無用でした。」

Amazon

座椅子の高さによっては脇息自体が若干高く感じるというレビューがいくつかありました。

<span class="has-inline-color has-teal-color">質問嬢</span>
質問嬢

慣れてしまえば思ったほど気になる事でもないという意見もありましたので、ここは座高によって意見が分かれそうなところですね。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

私は気にせず殿様気分でこたつに入りながら使うわ

地べたに直接座って使おうと考えてる方は注意が必要です。

ただ、細かいところを気にせず使おうと考えてる方には値段からしても比較的手を出しやすい商品であると言えます。

まとめ

今回はYAMAZENより発売されている肘置きKYO-12M(DBR)についての個別レビューでした。

脇息という珍しいタイプの肘置きですが、ローデスクによる使用ならば、こちらのタイプが比較的使いやすいかと思います。

もちろん、持ち運びしづらいという点はありますが、据え置きとして家で使う予定の方だと重宝するかと思いますので是非吟味してみてください。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

スポンサーリンク
便利アイテム
ブログランキング

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

絵師レベルとしては、なんやかんやでウィキペディアにも実名ではありますが、制作人として記入される程度までは這い上がることが出来ました。

私が絵を描き始めたとき周りの人間はお前には無理と罵りましたが、そんな画力のなかった人間でも実名が載ったときは少しばかりは目立てるのだと歓喜したものです。

つまるところ当ブログで何を伝えていきたいのかというと、今画力が無くて絶望している貴方でも、私程度の画力は有することが出来るよってことが伝わっていけばいいなと思います。

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました