筆者のプロフィールはこちらから

社会人でも絵の学校に通える?働きながら通えるオススメの専門学校を紹介!

社会人でも絵の専門学校に通いたい!働きながら通えるオススメの専門学校ってあるの? 専門学校
記事内に広告が含まれています。

社会人になってから趣味で絵を描いてみたいと考えたことはあるでしょうか?

学生と違い社会人になると中々趣味の時間というものが取りづらい状況になりがちです。

新しい趣味で絵を描き始めたいという人もいるでしょうが、帰宅後やせっかくの休日に一人で一から始めようとするとモチベーションの持続が困難だったりします。

そこで考えつくのが絵画教室や専門学校だったりなのですが、社会人だと学生のように毎日通うことは難しいでしょう。

では、時間のない人はやはり一人で鞭打ちながら練習するしかないのかと思ってしまいますが、

短期間から通える専門学校というのは存在します。

前置きよりとにかく知りたいという方は以下の【東京デザインプレックス研究所】のリンクからホームページに飛ぶことが出来ますので確認してみてください。

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

今回は、その案外見落とされがちな選択肢である短期間から通える専門学校について、特徴や普通の専門学校との違いを比べながら紹介していきましょう。


働きながら通える専門学校ってどんな場所?

結論から述べますと、

普段の生活がある方にとって空いた時間に通いやすくスケジュールを調整してくれている専門学校になります。

何かとの両立に向いている学校

仕事で忙しい方はもちろん、他の習い事がある方、自分の時間も大切にしたい方等、絵を描くこととは別に何かをしている人にとって都合よく両立しながら通うことが可能です。

<mark style="background-color:rgba(0, 0, 0, 0)" class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</mark>
質問嬢

毎日通うわけじゃないのが寧ろ都合がいいって人にはオススメできるわね

本腰を入れてやりたいけど毎日専門学校に行くような時間はないという方にも当然通いやすいスケジュールを組んでくれます。

全日制の専門学校では実現し難い別の行事との両立を可能としているのがこの手の専門学校の強みです。

その人に適したタイミングで通える

教習所のような感覚で通うことが出来るので、スキマ時間を作ることが出来れば通い続けることは難しくないでしょう。

ただ、毎日通うわけではない分、予習復習しないと忘れてしまいやすいデメリットには注意が必要です。

上記のように間隔が空きやすいことによるデメリットは確かにありますが、

長期的に無理なく空いた時間で通える環境がある点は全日制の専門学校には見られない特徴です。

働きながら通いたい人や、その他何かと両立をしたいと考える人にとっては重宝するタイプの専門学校と言えるでしょう。

簡潔にまとめると?
  • 仕事や行事と両立しやすい専門学校
  • スケジュールは個人の時間を尊重
  • 間隔が空きやすいデメリットもある

普通の専門学校との違いって?

結論から述べますと、

全日制の専門学校と比較した場合学費を安く抑えられ、週に5日通しで授業を受けることにもなりません。

通う期間は週に1,2回

一般的な専門学校では週5日や4日ほど決まった時間から学校に通って授業を受けるのが普通です。

働きながら通える専門学校というのは週1日2日ほどの授業で、社会人でも休日を使って通えるようにスケジュール調整してあるといった違いがあります。

全日制の専門学校だと、2年間ほどかけて就職できるレベルまで上達するのが目的となりますが、

働きながら通う専門学校では就職よりかは短期間での上達のみを目的としている場合が多いです

そのため、就職が目標でなく純粋に技術の向上が目的という方にもオススメできる専門学校と言えるでしょう。

学費を安く抑えられる

上述したように、全日制で通う一般的な専門学校よりも遥かに安く学費を抑えながら通うことが出来るのも大きな違いです。

<mark style="background-color:rgba(0, 0, 0, 0)" class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</mark>
案内嬢

無駄に多くお金をかけずに通える点は一般的な専門学校にはないメリットですね

通う日数が全日制よりも少ない分、短期間集中で授業に取り組むことになります。

その分一回で覚えることも多くなりますが、授業料は抑えられるので金銭面的負担は必然少なくなるメリットが強みでもあります。

簡潔にまとめると?
  • 全日制と比べると週に通う日数が少なくて済む
  • 通う日数が少ない分、学費も安く抑えられる
  • 就職が目標でなくてもスキルアップのために通える

働きながら専門学校に通っても絵は上手くなれる?

働きながらの人でも、全日制で毎日通っている人でも絵を描く練習をしていればある程度の画力は身につきます。

プラスαの練習が必要

全日制と働きながら通う専門学校のどちらにも言えることですが、学校に通っているだけでは上達も遅くなりがちです。

働きながらの専門学校であれば、尚更学校に通えない間も家で時間を作って練習するのが望ましいです。

週に1、2回しか通わないで技術をしっかり定着させていくためには学校外での練習の時間も数時間でいいので作っておきましょう

専門学校に通っているだけでも社会人の作れる時間から考える練習量としては多いかもしれませんが、より早い上達を考えるなら個人での練習時間も作れるのがベストです。

働きながら通えるオススメの専門学校の紹介

また、冒頭でも紹介しましたが、当ブログでは働きながら通えるオススメの専門学校も紹介しています。

全日制の専門学校は多くありますが、社会人や時間のない人を対象として作られた専門学校というのはそこまで多くはないので、そんな専門学校をちょうど探していたという人は以下の学校を覗いてみてください。

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

以下の記事では自宅での練習用にオススメの練習方法を載せていますので気になる方は合わせて読んでみてください。


まとめ

今回は時間の取れない社会人でも通いやすい専門学校についての記事となりました。

社会人になってからでも絵を描く環境として専門学校を選ぶのは決してなしではない選択です。

帰宅した後の時間を使いつつ、週1、2で通うだけでも技術の上達は見込めます。

全日制で通うよりかは上達速度は劣るかもしれませんが、時間がないからといって上達できないものでもないので諦めずに挑戦してみることをオススメします。

なるべく安く独学で学ぶなら

専門学校等に通わずに、独学でなるべく安く絵が上手くなりたいという方はまずは教本を読んでモチベーションを上げるのも一つの手です。

絵を描くのが億劫、中々上手くならないという方には以下の教本が読みやすいかと思いオススメしています。

まずはコチラの教本を覗いてみてはいかがでしょうか?

ペイントソフトを変えたい!他のも使いたい人は必見

ペイントソフト悩んでる方は思い切って乗り換えてみるのもオススメです

例えばこんな悩みがある方

今のペイントソフトは使いにくい

他のソフトも試してみたい

無料のものから本格的に有料のものに変えたい人

当ブログでも以下のオススメソフトを紹介しているのでぜひ試してみてください!

今のペイントソフトは使いにくいという人はコレ

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

他のソフトも試してみたい人にはコレ

無料で高性能!有料にも負けないソフト【krita】

描いた絵を自在に動かす流行りのソフト

自分で描いた絵を動かしたいなら【LIVE2D】

無料のものから本格的に有料のものに変えたい人はコレ

adobeマスター講座でPhotoshopを安く使ってみる!

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

専門学校知ってると便利
ブログランキング
フォローして更新情報をゲット
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者

仕事と趣味で絵を描いています。

これから絵を描き始める人や少し躓いている方へ役立つサイトになるよう日々記事を更新中です。

どんなに下手でも続けていれば私程度の画力は有することができますので、画力向上の道しるべとして当ブログをお使いください。

フォローして更新情報をゲット
Translate »
タイトルとURLをコピーしました