筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

専門学校に入るならまず資料請求をした方がいい理由を解説!資料にしか書かれていない意外な詳細とは?

専門学校に入るならまず資料請求をした方がいい理由を解説!資料にしか書かれていない意外な詳細とは? 専門学校

専門学校に入ろうと考えてる人の情報収集方法として学校への資料請求という方法がありますが、請求はせずに公式サイトの情報や口コミだけで決めてしまったりする人も多くいます。

専門学校へ資料請求をすることに抵抗を感じている人もいるとは思いますが、入ってからもっと念入りに調べておけばよかったと後悔してからではせっかく入った専門学校も続けるのが困難になるでしょう。

入ってから後悔しないためにも事前に調べられるところまで調べる必要がありますが、資料請求はちょっとと考えている人もいるかと思います。

そこで今回は資料請求をためらっている人、資料請求をすると何が知れてどうなるのか気になっている人に向けて、資料請求をすることで得られる利点をまとめましたのでご覧ください。


スポンサーリンク

専門学校の資料請求で何が知れるの?

資料請求で送られてくる資料には学校の公式サイトには載っていない詳細が書いてあり、主には年間の授業内容や、学費、施設紹介、講師紹介、卒業生の就業先のような細かな内容を知れるようになっています。

中でも学費について公式サイトで公開していない専門学校というのは意外と存在し、資料請求をすることで初めて知ることが可能だったりする場合も多いです。

年によって授業料が変わる場合や、授業内容が変わることが頻繁にあるため公式サイトには基本的な変わらない情報だけを載せていたりします。

また、ネットでのありもしない悪い情報の拡散を防ぐという専門学校側の対策でもあるためどうしても専門学校の詳細が知りたい場合は学校側に請求をしましょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

資料にしか大事な情報を書かない理由って専門学校側の防衛策でもあるのね

〇年度の就業先一覧といった形で、大手以外にも下請け会社や知られていないような新設の会社の情報も資料請求から知ることのできる公にされていない情報だったりするので、専門学校には興味ないけど個人で会社を探しているという人にとっても穴場の情報源であったりと使い道は多いです。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

会社情報の探し方がわかんなかったりする人でも参考に出来たりしますからね

複数の学校から資料を請求することで学校間の授業内容の違いも把握することが可能ですので、自分に合う学科がある場所を探すために請求をする人もいます。

本格的な申し込みをする場合も資料に付属している応募用紙からという場合がありますので、行く学校が決まっている場合でもしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。


専門学校の資料請求は無料?

基本的に資料請求をする場合に費用は掛かりません。

ただ、専門学校側に請求先の住所を教える事になるので、個人情報の提供に抵抗がある人は資料請求に踏み出しづらさを感じるかもしれません。

大きい学校である場合は資料の他に記念品や付録が無料で着いてくることもあり、絵の専門学校であれば初心者向けの練習方法の資料であったり、学生が描いた作品集であったりします。

付録がある時は、市販されている技法書には書いていないその学校オリジナルの内容なので資料とは別に活用してみるのも面白いでしょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

ちょっとした技術でも案外なるほどなって思える内容かもしれないってことね

一昔前までは、1度請求するとその後何年も資料が届くといった迷惑な学校もありましたが、近年はその専門学校に対してのクレームや悪い噂がSNSで容易に拡散されてしまう時代になっていることもあり、とにかく資料を送ってくるような専門学校も減っていると思います。

そのため、昔ほど資料請求に対して警戒しすぎず気になる人は応募してみることをオススメします。


専門学校の資料請求はどこでする?

専門学校の資料は各学校のホームページから応募するのが基本になります。

個人で取り寄せる方法が一般的ですが、高校や大学にも進学する人のために取り置きされていることがあります。

自分で取り寄せたくない方や、資料請求する際の個人情報記入が嫌だという方は自分の学校で確認してみると何校か資料が見つかるかもしれません。

どちらの手段でも資料が手に入れることが困難な場合は手間ですが、直接専門学校に赴けば、その学校の入り口や受付でもらうことも可能でしょう。

ただ三つ目の手段に関しては、専門学校側が関係者以外の入場を拒否していることもあるので予め確認しておくのを忘れないようにしましょう。

また、どんな専門学校があるかわからない方や、探し方がわからないという方は当ブログからも紹介している専門学校への資料請求が可能ですので、以下のリンクから確認してみてください。

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース


まとめ

今回は専門学校へ資料請求をする必要性について掘り下げてみました。

その理由をまとめると、公式サイトに載っていない情報が載っているということ、就業状況や会社情報が知れるかもしれないということ、そもそも請求しないと入学する手続きができないということの三点になります。

専門学校の資料には、その学校の技術に関することも載っていたりします。

入学する気が無くても、人によっては情報源として役に立つこともあるでしょう。

基本的には無料で取り寄せることのできるもので、応募したからと言って入学しなければならないというものでもありません。

今まで気になっていたけどイマイチ踏み出せなかったという人等はこれを機に取り寄せてみてはいかがでしょうか?

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました