筆者のプロフィールはこちらから

イラストの閲覧数を増やすには?インスタとTwitterによる宣伝がオススメ理由とは!?

イラストの閲覧数を増やすには?インスタとTwitterによる宣伝がオススメ理由とは!? 知ってると便利
スポンサーリンク

イラストの閲覧数に悩むことって結構多いと思うのですが、皆さんどうでしょうか?

筆者自身もオリジナルイラストを上げた時の閲覧数は語れるほどのものではありませんが、SNSを使った宣伝はブログしかり、イラストしかり使う場面は多いです。

そこで今回は、SNSによってどれだけの効果があるのか、効率よく使うにはどうするべきかについて書いていきます。


なぜインスタとTwitterによる宣伝がオススメ?

絵に限らず宣伝方法として優秀なSNSには色々ありますが、インスタとTwitterに関しては世界的に見てもメジャーなため宣伝媒体として活用している人は多いかと思います。

そんなインスタやTwitterによる宣伝ですが、比較的簡単に数百人程度の閲覧人数を得ることが可能な点は絵描きにとっていい公表の場となり得ます。

オンライン上の話なのであまり意識していない人も多いかと思いますが、普通に考えたら一般の人が数百人に自分の情報を認知させることが出来るのは凄いことです。

SNSにはバズりというものがありますが、バズらなくても知らない誰かに自分の情報を届けることができる点はSNSのいい所です。

リアルで考えると情報を知らない誰かに認知させるだけでも割と一苦労挟むと思います。

まず1つ、TwitterやインスタのようなSNSがオススメな理由としては、その一苦労挟む手間を簡単に省いてくれるという点でしょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

snsであれば不特定多数に見せる手間は確かに省けるわね

次にオススメする理由ですが、先程も上げたようにSNSにはバズり(爆発的に投稿が知れ渡ること)がありますので、描いた中のたった1枚でもバズることがあればその投稿を足掛かりにして一定数の人が他の投稿も見ていってくれる可能性があるという点です。

これは無名な人にとっては1発逆転の大チャンスと言えます。

少将古いですが古坂大魔王のピコ太郎が流行ったのを覚えてますでしょうか?

あの方も一般には知られていないようなところからSNSの恩恵(とジャスティン・ビーバー)で世界的に人気を得たと思います。

このような1発当てれば後の仕事に繋がる機会というのはSNSならではのはずです。


インスタとTwitterを使った宣伝のコツは?

第三者に情報を届けられると言っても、作りたてのアカウントやフォロワーの少ないアカウントでは宣伝力に欠けます。

せっかく描いた絵も見られなければモチベーションも上がらないでしょう。

そこで宣伝するためのコツとしては、タグを使うことをオススメします。

イラストの宣伝であれば「#イラスト」という感じで付けるだけでもイラストで検索を掛けているユーザーの目に留まりやすくなります。

また、リツイートによる拡散を狙うならリツイート専門のアカウントをフォローするのも宣伝の助けになります。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

無名の人だけをリツイートしてくれたり、一日数回リツイートしてくれるアカウントもありますからね

イラスト専門で拡散してくれるアカウントもあるので気になる方は探してみることをオススメします。

またマイナーなコツですが、英語によるタグ付けで海外に拡散させる方法も閲覧数を上げるにはオススメです。

タグを使って閲覧者の底上げを狙う

リツイート専門のアカウントをフォローする

英語によるタグ付けで海外人気を狙う


インスタとTwitterによる宣伝の使い分けは?

宣伝のコツは分かったけどSNSによる違いもあるのでは?と感じた方もいると思います。

インスタとTwitterを比べた時の違いで大きいのは拡散力に差があることでしょう。

より広く情報を届けたい場合はTwitterを使うべきです。

宣伝力は若干弱くなりますが、ファンを狙って増やしたい場合やイラストをポートフォリオのような形で宣伝していきたい場合はインスタの方が使い勝手がいいかもしれません。

また、データ上ではなく本格的にポートフォリオを作成したいと考えている方はフォトブックを使用してみるのもオススメです。

フォトブックについて知りたい人は以下の記事も合わせて読んでみてください。

インスタは文よりも画像や写真を専門的に扱うのでTwitterよりもまとめて画像を宣伝するのに最適でしょう。

また、個人的な意見ですがフォロワーもTwitterより増やしやすいと感じております。

Twitterは広く情報を伝えるのに向いている

インスタは固定ファンを増やしやすいが宣伝力に欠ける

フォロワーはインスタの方が増やしやすい可能性がある


まとめ

インスタやTwitterを使った宣伝によって閲覧数を稼ぐ事で、依頼を受ける機会が増えたりファンが増えたりとメリットが多いです。

他にもSNSはありますが、比較的簡単に宣伝効果を狙える点でこの2つをピックアップしました。

もう既に宣伝はしているが、上手くいかないという方も今回紹介したコツを活用してもらえればいくらかマシになると思いますので試して見てください。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

スポンサーリンク
知ってると便利
ブログランキング
<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました