筆者のプロフィールはこちらから

サボってしまうのは意識の問題?サボり防止のススメ

描き方
スポンサーリンク

どれだけ絵を描くのが好きで練習していたとしても、何年も続けていればそのうち描かなくなる期間というのが訪れることがあります。

もちろん誰にでも訪れるものではないし、多くの人が抱える問題でもないかもしれません。

しかしながら、どうしても続けられない人や最初の頃のモチベーションが無くなってきたという人はそのままにしておくと描くこと自体が億劫になる可能性があります。

今回は絶賛サボり中、もしくはやる気が出なくなってしまった方向けにサボりの防止法、モチベーションの維持法をお伝えします。


絵を描くのが嫌になって続かない人向け

絵を描くのが続かない理由は人それぞれあると思いますが、描くこと自体が嫌になってしまった人も多いのではないでしょうか?

描くこと自体が嫌になるとそこからまた描き始めるまでにはある程度日数を要してしまいます。

感覚的には辞めると決めた途端にバイトや仕事でやる気が出なくなるのと同じです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

辞めるって決めたら半ば自暴自棄になるのは分かる気がする

嫌になってしまったものを再び好きになるのにはその場から1度離れる必要があります

1度離れて期間を開けることでふとした時に前はこんなことやってたなと懐かしく感じてまたやってみてもいいかなと思える時が復帰のチャンスだと思いましょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

昔出来なくて辞めたことが出来てしまうこともありますからね

上記は、現状すでに絵を描くのが嫌になった人の話でした。

次に、今は好きだけど嫌になってしまいそうな人に焦点を当てていきます。

思い通りの絵が描けなかったり上達してる気がしなかったり周りに評価されなかったりが積もって嫌になってきてしまう人が一定数いるのは事実です。

そうならないようにモチベーションを保つ方法として最適なのは、周りに直接絵を褒めてくれる人を持つことです。

褒めてくれる人の人選としては同業(絵を描く人)じゃないことが理想です。

同じ志を持っているもの同士だとどうしても認めたくない部分が露呈して素直に褒められないことがあります。

ライバル意識というやつでしょうか、向上する過程で競い合う人間を持つのもいいですが、素直に褒めてくれるイラスト制作とは無関係な人間を周りに持つことの方が経験上モチベーション的には安定すると思います。

気持ちが安定するということはそれだけ長く嫌にならずに続けられ、必然上達にも繋がっていくでしょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

根本的に気持ちをリセットしたいとか

息抜きしたいって人は一回作業をやめてみるのもいいわね

漫画や本で息抜きするなら下の記事もオススメよ

息抜きにオススメな電子書籍サイト5選はコチラから!


現状に満足して続かない人向け

現状に満足というのは、ある程度画力が備わった時に陥りやすい状態です。

描き始めの頃より上手くなった自信が逆に現状維持でいいやという感情に結びついてしまい急に描く気が起きなくなると、それ以上のやる気がなかなか出てこなくなります。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

目標がとりあえずうまくなれればいいやって人ほどこの傾向が強いかもしれないわ

自分が目標としていた画力が身についたからもういいやとなる人は確かに多いかもしれませんが、身についた今だからこそ出来ることもあるはずです。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

ピクシブのイラコンやフリーで依頼を受けることとか挑戦できることも増えてると思いますよ

目標を達成してやる気がなくなってしまった時は、次のできるだけ長期的な目標を探してみるところからスタートしてみるのもいいでしょう。

絵は根気との勝負でもあります。

せっかく身に付いた画力を現状維持ではなくより高みに持っていくのも1つの選択に入れてみてください。


面倒くさくて続かない人向け

面倒くささは絵に限った話ではなく、どの分野にも一定の面倒くさい工程は存在しているでしょう。

その中でも特にクリエイティブの分野では出来るようになるまで練習を繰り返す工程に大半の人が面倒くささを感じるでしょう。

もしくは既にできるけども作るのが面倒くさいという人もいるかと思います。

しかし、こればかりはどうすれば克服出来るかという決まったアドバイスが存在しません。

自分の意思次第で決まるものに他人がとやかく言うこともおかしな話です。

一つだけ言えることがあるならば、誰かに言われて仕方なくやるよりも、自分の意思で面倒くささを押し殺して取り組んだ方が継続しやすいということでしょう。

小学生が親に言われて宿題のやる気が削がれるのと同じようなものです。


まとめ

絵を描くことが続かなくなる理由は人それぞれですが、今回は特に陥りやすい状態をピックアップしました。

上達するには何枚も絵を描く必要があります。

その過程で挫けそうになる人は多いでしょう。

自分の絵が中々上達していないと感じている人程途中で諦めてしまいがちです。

どんな分野の練習にも言えることですが、続けていれば全く上達しないことはありません。

今は出来なくても出来るようになった時のことを前向きに捉えて進歩していきましょう。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

スポンサーリンク
描き方知ってると便利
ブログランキング
<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

絵師レベルとしては、なんやかんやでウィキペディアにも実名ではありますが、制作人として記入される程度までは這い上がることが出来ました。

私が絵を描き始めたとき周りの人間はお前には無理と罵りましたが、そんな画力のなかった人間でも実名が載ったときは少しばかりは目立てるのだと歓喜したものです。

つまるところ当ブログで何を伝えていきたいのかというと、今画力が無くて絶望している貴方でも、私程度の画力は有することが出来るよってことが伝わっていけばいいなと思います。

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました