筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

レイヤー機能で楽して絵を描く方法は?最初は〇〇を駆使すべき!

レイヤー機能で楽して絵を描く方法とは? 知ってると便利

デジタルイラストを描く上で必ず必要となるペイントソフトですが、フリーソフトから有料のものまで多くの種類があります。

ソフトによって機能に違いはありますが、凡そ共通して存在する機能としてレイヤーというものがあるはずです。

レイヤー機能はペイントソフトを使う上でほぼ確実にお世話になる機能と言えるため、嫌でも覚える事になるのですが、確実に使うからと言って簡単に使いこなせるかと言えばまた別の話でしょう。

基本的な使い方だけであれば問題ないのかもしれませんが、せっかくのデジタルツールなので基本的な使い方だけで終わるのは勿体ないというのが筆者の考えです。

上手く活用出来ればイラスト制作の時間を短縮することにも繋がります。

そこで、今回はペイントソフトのレイヤー機能に注目して基本的な使い方から少し変わった使い方まで紹介出来ればと思います。


スポンサーリンク

レイヤー機能の基本とは

レイヤーの基本となる考え方重ねることにあります。

レイヤーを1枚の透けた板と考え、その板に線画を描いたとします。

その上にもう1枚板を重ねて色を塗ると下の板を汚すことなく線画に沿った色を塗ることが可能になります。

レイヤーの基本的な考え方はこのように下から上にもしくは上から下にと階層を分けて互いの板が直接的に干渉しないようにすることが前提として出来ています。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

レイヤー(階層)を分けることで塗りたくないところを避けながら塗るということが簡単に出来るようになりますね

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

線画を消さないように塗るアニメ塗なんかには、このレイヤー機能が必須よね

ペイントソフトを使い慣れていない人からすれば重ねて描くことに違和感を覚えるかもしれませんが、デジタル作画をする上では必ず使う事になる機能なので覚えておきましょう。


レイヤー機能で手間を省こう

手間というのはアナログ作画でめんどくさかったことをレイヤーを使って楽にやろうという初歩の話ではなく。

レイヤーを使って作画が楽になった上で更に楽をしようという段階の話になります。

レイヤーは先程も言ったようにお互いの階層が直接的に作用しないようになっているので、上から描き足すことが簡単に出来ます。

同じレイヤー内にそのまま描いて描き足すことも可能ですが、上にレイヤーを重ねて描くことで間違えて描き足してしまっても下の絵を消すことなく修正が可能になります。

レイヤーの基本機能で説明した通りですが、案外作業中はそこまで頭が回らず同じレイヤー内に描きこんで進めてしまうことも最初の内は多くなりがちです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

せっかくのデジタルなのに気付かないで進めちゃって後戻り出来なくなってるってことも結構あるわよね

レイヤーは多くなればなるほど管理が面倒になるものですが、レイヤーを分けた方が描きやすくなるのならば気にせず追加していきましょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

たまにレイヤー数が少ない方が上手いという意見もありますが、最初の内から気にしても仕方がないので描きやすいと思うレイヤー数で描いてみましょう

また、レイヤーを作りすぎて使わないレイヤーが出てきた場合はすぐに消さず取っておくことを推奨します。

デジタルですので消してもある程度までは復元可能ですが、1度消して描き進めすぎると戻れなくなる場合も十分に有り得ます。

取っておけばよかったとならないように使わないかもしれないレイヤーでも非表示にして取っておきましょう。

コチラの記事もオススメ↓


覚えておきたいレイヤー効果とは?

レイヤーは重ねるだけが機能の全てではありません。

レイヤーには特殊効果を付与する機能が備わっています。

特殊効果というのは主にレイヤー内の色とその下にあるレイヤーの色に変化を与えるフィルターのようなものになります。

色に変化を与える作業はレイヤー効果に頼らずとも行えるものですが、下のレイヤーにある色数が増えるとその色一つ一つに自分で変化を与えるのはかなりの手間になります。

レイヤー効果は1つの色で下のレイヤーに存在する複数の色一つ一つに合わせた色を作ってくれます。

手作業でやるよりかは手間を大きく省いて作業効率も向上するでしょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

オーバーレイや乗算と呼ばれる機能もレイヤー効果の一つですね

使い所は見極める必要がありますが、覚えておいて損のない機能です。

レイヤー効果には種類が多数存在し、それぞれに名前や色の変化の度合いの違いがあります。
それぞれの意味を理解して使用するのがいいのかもしれませんが色の変化が自分の求めるものになったのならそれで良しとする方が体感的に覚えやすいと思います。


まとめ

今回はレイヤー機能について紹介しました。
レイヤー機能はソフトを使う上で多用することになるのは確実です。

塗りによっては必要不可欠なものでもあるでしょう。

一つ一つの効果を理解する必要はありませんが、どのような色合いを生み出せるのか実際に使ってみるのがオススメです。

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました