筆者のプロフィールはこちらから

kritaの使い方 ポップアップパレットで自分の好きなブラシセットを作る方法

kritaの使い方 ポップアップパレットに自分の好きなブラシセットを登録する方法 知ってると便利
スポンサーリンク

当ブログでも何回か紹介しているペイントソフトkritaですが、他のソフトにはないkrita独自の機能にポップアップパレットと呼ばれるものがあります。

デフォルトでは右クリックをした際に出てくる特殊なポップアップなのですが、このポップアップ一つで拡大縮小、色選択、キャンバスの回転、ブラシ選択等の機能を右クリック一つで呼び出すことが可能です。

大きな使い道としては、自分のよく使うブラシをひとまとめにして瞬時に切り替える操作があげられますが初めてkritaを使う人や慣れていない人にとっては若干設定に戸惑うかもしれません。

kritaでは使いこなせると作業効率の向上に一役買ってくれるので使わない手はないでしょう。

今回は、そんなポップアップパレットのブラシ登録方法とおまけにオススメのブラシセットを紹介していきます。

また、kritaのダウンロードや基本操作がわからないという方は先にこちらの記事を読んでみてください。


kritaの使い方 ポップアップパレットの基本とは

ポップアップパレットでは複数の機能を同時に呼び出すことが可能になっており、ボタンの配置もポップアップ専用の配置になっているためツールボックスやメニューバーとは別で覚える必要があります。

基本的な配置と機能をまずは押さえていきましょう。

上の画像がポップアップパレットと呼ばれるもので、kritaキャンバス上で右クリックをすると呼び出せます。

どこが何の機能を担っているのか番号順に見ていきましょう。

1.選択中の色表記現在選択中の色が表示されています。
二色まで登録が可能で、キーボードのXを押すと切り替えることが可能です。
2.キャンバンスの回転円に反って丸ボタンを動かすことが可能です。
動かすと、連動するようにキャンバスが回転します。
3.カラーサーク&
色履歴
ポップアップパレット内でも色選択が可能です。
また、通常表示されているカラーサークルとは異なり、サークル周辺に前に使ってる色が履歴として残ります。
4.左右反転ボタンを押す事でキャンバスを左右反転します。
メニューバーにも存在しますが、ポップアップパレット内でも反転可能です。
5.全画面表示 キャンバス以外の 表示をオフにし、画面全体にキャンバス表示出来るようにします。
6.拡大縮小バー操作による拡大縮小率の変更が可能です。
7.ブラシセット変更ポップアップパレット内のブラシを予め登録してある別のブラシセットに変更します。
8.ブラシ設定追加表示されていないブラシ設定覧を開きポップアップパレット内に追加できます。
ポップアップパレット基本操作

ポップアップパレット外で使用できるツールとは同じ役割でも仕様が若干違うことがあるので、注意が必要です。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

他のソフトには無い機能な分、是非使いこなしていきたいところね

また、kritaのポップアップパレットを使用しない基本的なショートカットを確認したい方はコチラの記事もオススメです。


kritaの使い方 ポップアップパレットのブラシ登録方法

ポップアップパレットを使う上で最も使うことになるのは、多くの場合ブラシの切り替えです。

デフォルトで設定されているブラシセットも何種類か登録されていますが、出来る事なら自分がよく使うブラシセットを常時表示させておきたいところです。

オリジナルのブラシセットを登録するには以下の手順で登録しましょう。

まず、登録したいブラシをブラシパネルから右クリックで選択します。

タグに登録を選びます。

すると画像のように既に登録されているブラシセットと、一番下に新しいタグという入力欄が出てくるので、ここに新規登録したいブラシセット名を入力していきます。

今回は分かりやすいようにtesuto1としました。

入力しましたら、エンターを押して完成です。

最初に選んだブラシは新規セットを作った段階で新規セット内に登録されます。

新規セット内にブラシを追加する場合は、追加したいブラシを右クリックしタグに登録を選択すると下記画像のように先程作った新規ブラシセットが追加されていますのでそちらをクリックして追加できます。

ポップアップパレットを開いてブラシセット変更のボタンを押してみましょう。

上の項目の画像でいうと7番のボタンですね。

無事追加されていれば完了です。

kritaの使い方 ブラシセットの消去方法

間違えてブラシセットを作ってしまったり、多く作りすぎて管理が難しい場合は作ったブラシセットを消去することも可能です。

こちらもポップアップパレットから操作は出来ないので注意しましょう。

まず、ブラシ選択パネル内からブラシセットを選択します。

デフォルトではallと表記されているのでクリックしましょう。

開くとプルダウンメニューに先ほど作ったブラシセット(tesuto1)が新しく載っているので選択します。

選択するとブラシパネルが切り替わるので、切り替わったのを確認したらタグボタンを押します。

プルダウンメニューからこのタグを削除を選択して完了です。


まとめ

kritaのポップアップパレットは画面上のどこでも右クリックで開けるのが大きなポイントです。

それほどデカくない画面ではあまり重宝しないかもしれませんが、例えばデカい液タブを使っている人なんかにはその場でまとまった機能を展開できるというのは魅力ではないでしょうか

腕を動かす手間が省けるのは作業効率のupにも貢献します。

液タブでなくても自分のブラシセットをすぐに呼び出せるという点では評価できる機能なので、kritaを使いながら作業効率を上げたい方にはオススメです。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

スポンサーリンク
知ってると便利
ブログランキング
<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました