筆者のプロフィールはこちらから

キャラクターに物を持たせたい人必見!手を描く時の意外なコツとは!?

描き方
記事内に広告が含まれています。

手に物を掴ませたり何かを運ばせたりする表現というのはただポーズをさせる絵よりも難易度が上がります。

物の構造によって触れる手の形を変えなければならないのも難しく感じさせる理由の1つです。

普段毎日のように目にしている手ですが、人体を描く上ではかなり難しい部類のパーツに入ります。

描き始めの頃に理想の手の形が描けず苛立ちを覚えるのは避けて通れない道でしょう。

今回は、そんな描写に苦戦しがちなパーツである手の解説です。物に触れている状態の手はどう変化するのかに焦点をあてて解説していきます。

添える、掴む、握る、摘むの違いとは?

物に触れた手の形にもある程度の決まりがあります。

その決まりさえ抑えておけば手を描く際にパターン化できるので大変役立ちますが、その決まりの形を描けるようになるまでが大変です。最初のうちはどのような手の形にも苦戦するものだと思っておきましょう。

物が手に触れる時の形で抑えておきたい決まりの形というのは添える掴む握る摘むの四つです。

<span style="background-color:rgba(0, 0, 0, 0)" class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

それぞれ形が異なる分、安定して描けるまで苦労しそうね

この4つが描けるようになると他の形にも応用がしやすいです。

1つ目の添えるは、物を掴まず接触している状態になりますので例えるなら頬に手を当てている表現のような優しい表現をするのに向いています。

2つ目の掴むは、掌をめいっぱい使って手繰り寄せるような動作をするところから柔らかい表現よりはやや力強い表現に向いています。

3つ目の握るは、上記の掴むをさらに丸め込んだ形です。

掴んだ上でさらに力を加えて潰すような表現になるので掴むよりも力強い表現に向いています。

4つ目の摘むは、掴むよりも弱い表現になります。

繊細さを表現する場面では添えるに次いでこの手の形の表現も向いているでしょう。

<span style="background-color:rgba(0, 0, 0, 0)" class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

どうしても手が描けなくて悩んでる方は

手形のデッサン人形を参考にしてみるのもオススメです!

気になる方は以下の記事もご覧になってみて下さい

物の形状によって変わる手の形

毎回同じ物を持たせるのならある程度手の形は固定されますが、一貫して同じものしか持たない場合よりいろんな物を持たせる構図を描くときが絵を描いていれば必ず訪れます。

形状による手の形の変化を知っておくことでそんな場面に出くわしても臨機応変に対応していくことが可能です。

丸みのあるものを持つ場合

丸みのある物を持つ場合は掌で包み込む状態になるので丸みに沿ってカーブを表現する必要があります。

不自然に出っ張りでもない限りは丸みに沿って掌もカーブさせましょう。

上記の掴むや握るよりかは添えるを意識してみると描きやすいです。

四角形のものを持つ場合

四角形の物は角張と持つ角度によっては手と物の間に空間が出来ることがあります。

無理やり持とうとすれば隙間を作らないように四角形に沿って持つことも可能ですが、自然体で持つ場合は指の第二関節辺りと接地面の間に空間が生まれやすいです。

ので、作画する場合は四角に沿うよりも完璧に沿わさないで少し膨らみを持たせると自然体になります。

手にも表情がある?力加減の表現法

キャラクターの感情に表現力を持たせる上でまず始めに顔の表情をどうにかしようとするのが一般的だと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

実際この考え方は間違ってはないのですが、感情をより一層伝える手段として別の部位でも表現する方法があります。

体全体で表現出来るのが理想ですが、手を感情表現のパーツに組み込むだけでも効果があります。

<span style="background-color:rgba(0, 0, 0, 0)" class="has-inline-color has-teal-color">質問嬢</span>
質問嬢

手だけで喜怒哀楽を表現するデッサンの授業もあったりしますからね

例えば怒りを表現したいとして、顔の表情は眉間にシワが寄り大きく口を開けて叫んでる様子だった場合、手の形は強く握り締めた拳、何か持っている場合はその持ち物を強く握り締める表現を加えることでより表現を大きいものにできます。

握り締めた手を描く場合は絵のタッチも大事になってきます。

布を力強く掴む場合、握り締めた時にシワが集まる部分のシワの数を意識してみるだけでも力強さの表現が可能です。

また線画自体をトゲトゲしい線で描くだけでも震えや力強さの表現に繋がります。

大雑把なイメージで伝えるならば、漫画の叫ぶようなセリフの時に使われるトゲトゲした枠と言ったところでしょうか。

逆に悲しみを表現するときは脱力と儚さをイメージするといいでしょう。

儚さや脱力を簡単に表現するには、色を薄く線は細くを意識して描いてみてください。

まとめ

今回は初心者の難関である手について語らせていただきました。

毎日のように目にする手ですが、いざ描くとなるとその構造は複雑でプロの方でも苦戦するパーツなのは間違いありません。

また、普段目にするということは絵を描かない人が見ても形に違和感を感じやすいパーツということです。

キャラクターを描いて手だけを褒められるということはあまりありませんが、手だけを形がおかしいと言われてしまうことは十分に有り得ることです。

普通のパーツを普通に描くというのが絵を描く上で案外一番難しい技術なのかもしれませんが、続けていれば自ずと描けるようになります。

少なくとも筆者の画力程度にはなれるので、地道にやっていきましょう。

なるべく安く独学で学ぶなら

専門学校等に通わずに、独学でなるべく安く絵が上手くなりたいという方はまずは教本を読んでモチベーションを上げるのも一つの手です。

絵を描くのが億劫、中々上手くならないという方には以下の教本が読みやすいかと思いオススメしています。

まずはコチラの教本を覗いてみてはいかがでしょうか?

ペイントソフトを変えたい!他のも使いたい人は必見

ペイントソフト悩んでる方は思い切って乗り換えてみるのもオススメです

例えばこんな悩みがある方

今のペイントソフトは使いにくい

他のソフトも試してみたい

無料のものから本格的に有料のものに変えたい人

当ブログでも以下のオススメソフトを紹介しているのでぜひ試してみてください!

今のペイントソフトは使いにくいという人はコレ

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

他のソフトも試してみたい人にはコレ

無料で高性能!有料にも負けないソフト【krita】

描いた絵を自在に動かす流行りのソフト

自分で描いた絵を動かしたいなら【LIVE2D】

無料のものから本格的に有料のものに変えたい人はコレ

adobeマスター講座でPhotoshopを安く使ってみる!

描き方
ブログランキング
フォローして更新情報をゲット
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者

仕事と趣味で絵を描いています。

これから絵を描き始める人や少し躓いている方へ役立つサイトになるよう日々記事を更新中です。

どんなに下手でも続けていれば私程度の画力は有することができますので、画力向上の道しるべとして当ブログをお使いください。

フォローして更新情報をゲット
Translate »
タイトルとURLをコピーしました