筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

キャラクターに物を持たせたい人必見!手を描く時の意外なコツとは!?

描き方

手に物を掴ませたり何かを運ばせたりする表現というのはただポーズをさせる絵よりも難易度が上がります。

物の構造によって触れる手の形を変えなければならないのも難しくさせる理由の1つでしょう。

普段毎日のように目にしている手ですが、個人的に人体を描く上でかなり難しい部類のパーツに入ります。

描き始めの頃に理想の手の形が描けず苛立ちを覚えるのは案外避けて通れないのかも知れません。

今回はそんな苦戦しがちなパーツである手で物に触れている状態の絵を描こうと試みている方々向けに、描くための必要なコツや情報を中心に紹介していきます。


スポンサーリンク

添える、掴む、握る、摘むの違いとは?

物に触れた手の形にもある程度の決まりがあります。

その決まりさえ抑えておけば手を描く際に困ることはないのですが、決まりの形をスムーズに描けるようになるまではどのような手の形にも苦戦するものだと思っておきましょう。

副題にもあるとおり、物が手に触れる時の形で抑えておきたい決まりの形というのが添える掴む握る摘むです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

それぞれ形が異なる分、安定して描けるまで苦労しそうね

この4つが描けるようになると他の形にも応用が効くでしょう。

1つ目の添えるは、物を掴まず接触している状態になりますので例えるなら頬に手を当てている表現のような優しい表現を表すのに向いています。

2つ目の掴むは、掌をめいっぱい使って手繰り寄せるような動作を絵にするところから柔らかい表現よりは力強い表現に向いています。

3つ目の握るは、上記の掴むと似ています。

掴んだ上でさらに力を加えて潰すような表現になるので掴むよりも力強い表現に向いています。

4つ目の摘むは、掴むよりも弱い表現になります。

繊細さを表現する場面では添えるに次いでこの手の形の表現も向いているでしょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

どうしても手が描けなくて悩んでる方は

手形のデッサン人形を参考にしてみるのもオススメです!

気になる方は以下の記事もご覧になってみて下さい

オススメデッサン人形はコチラから!


物の形状によって変わる手の形

毎回同じ物を持たせるのならある程度手の形は固定されますが、一貫して同じものしか持たないキャラクターはあんまりいないでしょう。

なので、形状による手の形の変化を知っておくと絵を描く上でとても役立ちます。

丸みのある物を持つ場合は掌で包み込む状態になるので丸みに沿ってカーブを表現する必要があります。

不自然に出っ張りでもない限りは丸みに沿って掌もカーブさせましょう。

上記の掴むや握るよりかは添えるを意識してみると描きやすいです。

四角形の物は角張と持つ角度によっては手と物の間に空間が出来ることがあります。

無理やり持とうとすれば隙間を作らないように四角形に沿って持つことも可能ですが、自然体で持つ場合は指の第二関節辺りと接地面の間に空間が出来やすいと思います。

ので、作画する場合は四角に沿うよりも完璧に沿わさないで少し膨らみを持たせると自然体に見せやすいです。

三角形の物はあまり描くことが無いかもしれませんが、持ち方によっては四角形よりも隙間が出来やすくもあり出来にくくもある形です。

三角形の場合は摘むような持ち方が上の2つより表現しやすいでしょう。


手にも表情がある?力加減の表現法

キャラクターの感情に表現力を持たせる上でまず始めに顔の表情をどうにかしようとするのが一般的だと思いますが、どうでしょうか?

実際この考え方は間違ってはないのですが、感情をより一層伝える手段として別の部位でも表現する方法があります。

体全体で表現出来るのが理想ですが、手を感情表現のパーツに組み込むだけでも効果があります。

<span class="has-inline-color has-teal-color">質問嬢</span>
質問嬢

手だけで喜怒哀楽を表現するデッサンの授業もあったりしますからね

例えば怒りを表現したいとして、顔の表情は眉間に皺が寄り大きく口を開けて叫んでる様子だった場合、手の形は強く握り締めた拳、何か持っている場合はその持ち物を強く握り締める表現が望ましいでしょう。

握り締めた手を描く場合は絵のタッチが大事になってきます。

強く握り締めた時にシワの集まる部分を意識してシワに沿うような線のストロークを入れると それらしく見えます。

また線画自体をトゲトゲしい線で描くだけでも震えや力強さの表現に繋がります。

大雑把なイメージで伝えるならば、漫画の叫ぶようなセリフの時に使われるトゲトゲした枠と言ったところでしょうか。

逆に悲しみを表現するときは脱力と儚さをイメージするといいでしょう。

儚さや脱力を簡単に表現するには、色を薄く線は細くを意識して描いてみてください。


まとめ

今回は初心者の難関である手について語らせていただきました。

毎日のように目にする手ですが、いざ描くとなるとその構造は複雑でプロの方でも苦戦するパーツなのは間違いありません。

また、普段目にするということは絵を描かない人が見ても形に違和感を感じやすいパーツということです。

キャラクターを描いて手だけを褒められるということはあまりありませんが、手だけを形がおかしいと言われてしまうことは十分に有り得ることです。

普通のパーツを普通に描くというのが絵を描く上で案外一番難しい技術なのかもしれませんが、続けていれば自ずと描けるようになります。

少なくとも筆者の画力程度にはなれるので、地道にやっていきましょう。

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました