筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

風を表現するために描くのは〇〇だった!?目に見えない風を描くコツとは?

描き方

エフェクトを絵で表現する時にどのようにして描くか迷ったことはありませんか?

エフェクトとは爆発や炎、水しぶきや雷というような絵に場の雰囲気を出すために使われる装飾のことを指します。

実際にはもっと広い括りで使われますが、絵として描くものにもエフェクトという言葉がよく使われます。

その中でも今回は目に見えないエフェクトの一つ、つまりは絵で描き表し辛いエフェクトである風に焦点を当ててその表現のコツを紹介していきます。


スポンサーリンク

まずは風の軌道を考えよう

目に見えない風を表現する時にどのような軌道で風が吹いているかを考えることでその後に風が周りに与える影響を想像しやすくなります。

軌道の考え方としては、風の吹く方向を矢印や線で実際に描きこむのがいいでしょう。

また風を見えない玉と考え、1つのまとまりで軌道をとると立体的な風の流れをイメージしやすいです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

確かに、風の軌道を描いておくだけで描写が楽になりそうだわ

最終的には軌道線を引かずに風の流れを描けるようになるのが理想ですが、軌道を描いて視覚的に捉えられるようにする点は複雑な風の流れになるほど重宝します。

慣れてきても、消してしまう線だから手間なだけと省かずに毎回描くのも説得力がある絵に繋がっていくでしょう。


風が与える影響を考えよう

軌道線を描いたら次に風の影響で何が起こるかを決めていきます。

風が当たってる部分に何が起こるかなんて大概の人は想像しようともしない気もしますが、絵を描く時、特にリアリティを求める時ほど細かい部分まで考えておくのが理想です。

風の他にも重力や重みを考える必要も出てきますので風だけでは動かない物も当然ありますが、1つずつ物にどんな力が加わって動くことがあるのかを想像出来ると説得力のある絵に近付いていくでしょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

風の流れに沿って何が起きるのかをラフとして描き起こすイメージでも大丈夫です

また、重力や重さに寄る動きを知りたい方はこちらの記事もご覧下さい。


周りの物で風を表現しよう

軌道と影響を考えたら最後の仕上げとして実際風によって動いた状態を描いていくことになります。

物が動く時は形が変わるもの形は変わらず向きや角度のみが変わるものに分かれ、風の力で動きやすい物には前者の形が変わるものが多いでしょう。

風の影響を受けやすい物で思いつきやすいのは、髪やカーテン、紙類等です。

共通点としては風になびく程度に軽いことと、形が変わりやすい点になります。

形がどのように変化するのかを考える時に先程の軌道と影響の予想が役に立ってくるため、予め考えておく事の大切さを実感出来るステップであると言えるでしょう。

前項が不十分であるといきなり描き始めることになるため、描きなれていないうちはこの3ステップを地道にこなしていくのがベストです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

描き慣れるまでは、段階的な描き方の方が安定すると思うわ

また、形は変わらず向きや角度のみが変わるものには固く軽いものが当てはまります。

ポリバケツやプラスチック製のコップ程度であればズレたり倒れたりすることも充分有り得ます。

風の力なので重くなればもちろん動きませんが、台風等の強風を描く場合はその限りではありません。

また、絵の表現方法は参考書や技法書を参考にして真似をするのも良い方法です。

コチラの記事で筆者がオススメしている参考書を紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。


まとめ

今回は、風が絵に与える影響を中心に紹介しました。

物によって全く動かない物や、動く物は様々です。 髪のなびきや布のなびきを上手く表現出来るようになればそれだけで絵が上手く見えることもあります。

もちろんデッサン的な視点で言えば、なびきを表現出来るだけでは足りないこともあるでしょう。

絵を描く時に使える1つのテクニックとして覚えておくのが理想です。

風による表現だけに限らず、全体を常に意識しながら今回の記事を思い出していただければ役に立つ時がくるかもしれません。

あくまでも意識する部分の1つとして捉えて頂ければ幸いです。

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました