筆者のプロフィールはこちらから

専門学校に通うなら2年制と1年制どっちにするべき?気になる双方のメリットとデメリットとは?

専門学校に通うなら2年制と1年制どっちにするべき?気になる双方のメリットとデメリットとは? 専門学校
スポンサーリンク

専門学校に通う上でどのくらいの期間が自分にとって丁度いいのかを考える必要がありますが、自分の置かれている状況によって通える期間、通わなくてはいけない期間が違ってくるかと思います。

専門学校は長いところで4年制まであるところがありますが、全日制で通うことを考えている場合は1年2年で考える人が多いのではないでしょうか?

入学当初の状況によっては、2年制を選んだ結果無駄に長くいてしまって後悔する人や、逆に1年だけでいいやと思い実力が伸びずに後悔する人が出てくることもあります。

そのような後悔をしないように、今回は専門学校入学前の段階で知っておくと役に立つ1年制と2年制のメリットとデメリットについてまとめた記事となります。

どういう人が1年制でどういう人が2年制を選ぶのかの判断基準として役立ててみてください。


専門学校2年制の場合

2年制のメリット

専門学校は課題や授業で忙しくなる場合が多く、業界への就職を考えている場合は就職活動にも取り組まないといけないです。

2年制の場合は1年次に課題や授業で基礎を学び、2年次のメインが就職活動になるため時間に余裕を持って取り組むことが可能になるのが大きなメリットと言えます。

また、2年次の授業では基礎から応用の授業に変わるのでしっかり取り組んでおけば現場に入った時に何も出来ないといった事態を防げるでしょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

時間に余裕があれば心にも余裕が出来るから一つ一つの課題や授業に集中しやすいわね

2年制の デメリット

ある程度技術が最初から備わってる人にとっては2年次の授業が物足りなく感じるかもしれません。

授業料を1年分多く払うことになるのも人によっては負担になります。

専門学校は新卒という扱いになるため技術がある人は1年だけ通って就職し実際の現場で経験を積んだ方が技術の向上は早いです。

また、20代後半から専門学校に通う人にとっては2年を学校に費やしても後悔しないか考える事も重要になります。

20代後半の2年はその後の人生を決める期間にもなり得ることを忘れないようにしましょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

技術がある人や、学校に時間を費やしたくない人は長くいても無駄に過ごしてしまう可能性がありますね


専門学校1年生の場合

1年制のメリット

1年だけ通う事を考えた場合、2年制よりも金銭の負担が少なくなります。

学校に費やす時間も当たり前ですが短くなります。人によってはコチラはメリットともデメリットとも言えるでしょう。

また、業界へ早い内に就職することで、2年制の生徒よりも現場経験による差をつけることが出来ます。

専門学校での1年より現場での1年の方が圧倒的に覚えられることが多いので、早く上達したいと考える方は1年制に通うのがいいかもしれません。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

たしかに金銭的問題で言えば、1年制の方が負担は軽くて済むわね

1年制の デメリット

通常の授業と同時進行で就職活動もしなければならないため、2年制よりもかなり忙しいです。

ポートフォリオの制作も入ってくるため自分の作品がある程度最初からない人でないと1年だけでは就職活動までありつけないかもしれません。

基本的には最初から技術が備わっている人に向いているのが1年制なので、早く就職したいからと言った理由だけならば2年制で余裕を持って行動した方がいいでしょう。

ただ単にお金を掛けたくないからという理由で1年制を選ぶのも経済的な選択としてはありですが、最低限現場に入れる技術がなければ就職どころではないことも覚えておきましょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

1年で就活まで終わらせないといけないですから学校でも家でも常に忙しい環境になることの覚悟はしておいた方がいいかもです…

また、1年制と2年制どちらかには入りたいけど学校を決めかねているという方は以下の記事も合わせて読んでみてください


結局どっちを選ぶべき?

大事なのは今の段階で自分がどれだけの技術を持っているのかというところです。

自分はある程度出来るし、現場でもついていけると自信がある方は1年制を選んで次のステップに行ってしまった方が得でしょう。

自分の技術に自信が無い人は2年制でしっかり基礎を固め、ポートフォリオを溜めてから現場に入るのが1番手堅い選択です。

とは言ってもがんばるから1年制でいいという人や、ある程度出来るけど2年制でゆっくりやろうと思う方もいるでしょう。

最終的には自分で後悔しない方を選ぶのが1番なので、しっかり考えた上で決定するのがベストです。

また、実際に通って専門学校で得られたものが何かを以下の記事で紹介していますので気になる方はご覧ください。


まとめ

専門学校の1年制と2年制にはそれぞれメリットとデメリットがありましたが、どちらを選んだ方がいいのかは自分の現状を知ることである程度絞れます。

今の技術力を考慮し、経済的な負担を考えて決めるのがいいでしょう。

技術がないのに早く卒業できるからと言った理由や、なんらかの適当な理由で決めるのは後悔に繋がるかもしれないのでやめておきましょう。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

スポンサーリンク
専門学校知ってると便利
ブログランキング
<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

絵師レベルとしては、なんやかんやでウィキペディアにも実名ではありますが、制作人として記入される程度までは這い上がることが出来ました。

私が絵を描き始めたとき周りの人間はお前には無理と罵りましたが、そんな画力のなかった人間でも実名が載ったときは少しばかりは目立てるのだと歓喜したものです。

つまるところ当ブログで何を伝えていきたいのかというと、今画力が無くて絶望している貴方でも、私程度の画力は有することが出来るよってことが伝わっていけばいいなと思います。

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました