筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

反対色と補色って?イラストに劇的変化を与える色の関係性とは!?

反対色と補色って何?地味に役立つ色知識 知ってると便利

絵を描く上で欠かせない知識に色があるということは少なからず感じている方も多いと思います。

配色の違いをミリ単位で覚える必要性はありませんが、大まかな決まりだけは知っておいて損はありません。

その決まりの中に反対色、補色と呼ばれるものが存在します。

これらを始めのうちから覚えておくことで、気味の悪い配色を防ぐ手助けとなる場合が多いです。

今回の記事でなんとはなくとも理解してしまいましょう。


スポンサーリンク

似てるようで違う反対色と補色とは何か?

各色にはその色の真反対もしくは反対に近い色が存在します。

色における反対という言葉の意味お互いの色を最も強調し合う色という意味です。

そしてある色に対して真反対となる色は補色と呼ばれ、お互いを最も強調し合う色になります。

これに対して真反対でないながらもある程度お互いの色を強調する色のこと反対色と呼びます。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

赤の反対は緑、青の反対は黄色というように、案外街中にこの色の原理は多く使われていますよ

色に対して完全に反対でないものは全て反対色の範囲となるので、全ての色において完璧な補色を探し出すのは少々困難かもしれません。


反対色と補色の使い道は絵のどこになる?

強調させたい部分に反対の色を使うことで人の目線を誘導しやすくなります。

キャラクターであればシンボルとなるパーツを反対色や補色のような強調し合う色で塗ってみるのも面白いでしょう。

日常的に使われている物であれば、信号機の赤と緑白色の紙に黒で字を書くだけでも反対色補色の関係となっていたりするので、背景を描く際に意識してみてほしいです。

ハイコントラストを基調にした絵柄を求めている人には反対色補色の組み合わせは有効かもしれません。

また直接的に反対色補色を組み合わせるだけでなく、最終的な仕上げとして画面全体にエアブラシやグラデーションを施すことでも見栄えは大きく変わります。

手前と奥で奥のものを強調させたい時なども反対色や補色で際立たてしまうのもアリでしょう。

こちらの記事もオススメ↓


反対色と補色の意識し過ぎに気を付けよう

反対色と補色はお互いを強調する色のため多様すれば目立つ絵にはなりますが、同時に目的の分からない絵になる場合もあります。

絵は目立たせる部分と色を落として強調しないようにする部分を組み合わせて見栄えを良くするのが理想です。

むやみやたらにハイコントラストで反対色や補色を作り出すのは、そういう絵柄を目指していない限りは止めておくのが無難でしょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

ワンポイントで強調させるからこそ目立つってもんよね

色は組み合わせ次第で人の視覚に不快感を与えることも可能です。

反対色補色の関係で不快になる色を作り出すのを目的とするならば、予め描く対象も不快な印象を与えるために生み出したものでなければなりません。

色だけで全てを解決させようとするのではなく、ラフの段階からある程度描くものの目星はつけておきましょう。

塗りの段階に入った時、色合いの関係で迷う時間が減るのも意識し過ぎないことで得られるメリットになります。

こちらの記事もオススメ↓


まとめ

今回は反対色と補色がどういったものかについて語らせていただきました。

イラストを描く際にパーツごとの色が複数存在するときは必ず隣接するパーツごとの色味を考える必要があります。

あからさまな反対色や補色の組み合わせになっていたり、意図してやっていない場合は一旦全体を見直しましょう。

1部分だけ強調されていたり、無駄にハイコントラストだと見る側への視覚的負担も多くなります。

反対色と補色は非常に扱いが難しい反面、絵そのものの印象を丸ごと変えられる意外性を秘めているのも事実です。

レイヤー効果で応用を効かせるのも面白いかもしれません。

頼りすぎずを意識しながらオリジナル要素として取り入れらるのが理想ですが、最初の内はまず知識として留めておきましょう。

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました