筆者のプロフィールはこちらから
<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

本題の前に↓を読んでみてね!

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

女性受講者が多く働きながらも安心して通える学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

働く20代が多めの東京デザイン専門学校キャリアコース

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

絵はどこから描けばいい?描き始めは〇〇だった!?

描き方

絵を描き始める時にどこから描き始めるか、何から手をつけるかで悩んだことはありませんか?

今回はどのような手順で絵を描いていけばいいのかポイントを絞って説明していきます。


スポンサーリンク

始めはアタリを描いてみよう

アタリとは下描きよりも前の段階で描く、大体の形を決める絵だと思ってください。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

今回は私の絵が参考になるからちゃんと目に焼き付けなさいよ!

配置が分かる程度で大丈夫なので細い形(キャラであれば手の形や服の装飾)は気にせずに描いてみてください。

参考1アタリ

この誰でも描けそうな落描きがあるのとないのとでは後の描きやすさが大分違ってきます。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

私って最初こんな形だったの…?

始めのうちからアタリを描くことを意識して取り掛かるようにしましょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

ちなみにデッサン人形があるとアタリを描く時に重宝します

頭の中で想像しきれない時はポーズ参考にデッサン人形を用いてみるのもオススメです

デッサン人形は下の記事でオススメのものを紹介してるので

気になる人はご覧になってみてください!

オススメデッサン人形はコチラから!


下描きはなるべく描き込むべき?

アタリの次は下描きに入ります。

描いたアタリを元に顔、髪の毛、服等描けるところを全部描いてしまいましょう。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

お、それらしくなっていきそうね

参考2素体ラフ

参考3素体

参考4下描き

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

あのラクガキから変わるものねぇ

この下描きの段階でどこから描き始めていいかわからないという人は、頭から描き始めて徐々に下へ描いていってみてください。

最初のうちは上から下に向かって描いていくとバランスが取りやすいと思います。 筆者の場合は、胴体から描くことが多いです。

何回も描いているうちに自分だけの描き方が自ずと見つかるので、慣れるまではひとつの描き方をルーティン化してしまいましょう。

ある程度まで描けるようになればどこからでも描けるようになります。

そうなればアングルなど意識することも増えてくるので絵のバリエーションも増えるでしょう。

アングルについてもっと詳しく知りたい方はこちら

アタリの段階で体(素体)を描いていない場合は下描きと同時に作ってしまいましょう。

素体の説明についてはこちら

理想は線を綺麗になぞるだけで線画がほぼ完成する状態です。


清書から完成までは?

清書というのは線画が完成した状態を言います。

参考5清書

先の下描きがどの程度の描き込みかで直す部分も減ってきます。

清書の段階で行うことは線を綺麗に整えることですが、線を一定の太さで仕上げてしまうと硬い印象になることが多いです。

そこで、清書の際はペンの筆圧も気にしてみてください。

筆圧だけで上手くいかない場合は、上から線をなぞる形で調整すると上手くいきます。

線画だけであればこの段階で完成になります。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

色のない私ってこんな感じなんだ…

線画が終わり次第塗りの作業に入りましょう。

基本的な塗りですが、最初に各パーツごとの下地色を塗っていきましょう。

参考6塗

下地色は濃すぎない色を塗るのがいいでしょう。

この下地が濃すぎると全体的にハイコントラストな絵が出来上がってしまいます。

絵柄にもよりますが、イメージ的にはアメコミチックなものになってしまう想像をしていただければわかりやすいでしょうか?

濃い下地にさらに濃い陰影を塗ることになってしまうので、最終的に目指す色より薄い下地色にしましょう。

今回の絵は髪の毛を薄い黒、服は薄い赤のような感じで分けていきます。

参考7完成

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

完成!!

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

いや、あんたが言うのか

厚塗りではないオーソドックスな塗り方(アニメ塗り等)であれば、各パーツごとレイヤーも分けると塗りやすいでしょう。

レイヤーについて知りたい方はこちら

リンク(編集中)


まとめ

皆様いかがでしたでしょうか?

今回は絵の描き始めから終わりまでの流れがどんなものなのかをなるべく砕いて説明させていただきました。

線画を描くだけでも最初の内はまったく描けなくて挫折してしまいがちです。

ペイントソフトの操作も慣れるまではひとつの課題になるでしょう。

画力と操作では全く違う領域の話になります。

ある程度の画力がつくまでは前の記事でも紹介したように基礎練習をしてみるのもオススメです。

メ夢

ブログ運営者
メ夢

これから絵を描き始める素人の方を中心に技術向上に役立つ情報を提供していきます。

今は趣味での制作を基本にしておりますが、一時期は仕事として描いていたこともあります。

また、絵以外にも専門学校の知識やあると便利な物まで紹介していきますので更新をお待ちください。

どんなに絵が下手でも私程度にはなれますので頑張りましょう!

ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/6465763 

メ夢をフォローする
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました