筆者のプロフィールはこちらから

最初から絵が上手い人はいないという話

知ってると便利
スポンサーリンク

今回はタイトルの通り、最初から絵が上手い人はいないんだよって話しを中心に才能や努力の話しも交えながら絵の上手さについて書いていきます。

この記事を読んで少しでもやる気に繋げていきましょう!


最初はみんな下手!気にしないことが重要

よく、「どうしたらそんなに上手く描けるんですか」と質問している方が「言われた通りにやっても描けません」と口論しているのを見かけませんか?

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

ネット上でよく言い合ってるわよね…

絵を全く描いたことのない人がプロの意見を取り入れたからといっていきなり描けるようになることはありません。

彼らが描けるのはそれまでに積み重ねてきた経験値があるからです。

例えるならレベル99で覚えられる魔法があったとして、レベル1の時には使えないよねってことです。 ですが、描ける人のマネをして描けなくても気にすることはありません。

出来なくて当たり前なのですから。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

最初からなんでも描けるような人はいないんです

今上手いと言われる人も数年前に同じことをやれと言われても出来なかった人の方が圧倒的に多いはずです。

最初はみんな下手なのです。

大事なのは周りがなんと言おうと気にしないメンタルでしょう。


気づいたら描けるようになってたは本当?

結論から言ってしまうとこれは本当です。

いつから描けるようになったのかを考えるよりも、今まで描いてきた作品を見直してみると最初に描いたものから圧倒的に今の方が描けるようになっているものです。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

結構な変わりようじゃないの…

絵を描くことに夢中な時期はひたすら描くことに集中出来ます。

地道な努力で伸びているという実感よりも、気づいたら描けるようになってたという気持ちの方がでかいため多くの絵描きの方は口を揃えて気づいたら描けるようになってたと言うのでしょう。

画力向上に役立つ物としては参考書や技法書も多く出回っていますが中にはあまり役に立たなかったという意見が上がるものも出回っております。

参考書の中でも筆者がオススメするものはコチラの記事で紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。


才能は関係ある?努力だけじゃだめ?

絵が最初から上手い人はいないというのはおおよそその通りですが、同じ量の努力をしても個人差が出てしまうことはあります。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

上手くなるスピードまで一緒ってわけではないんですよね…

それはその人の理解力であったり、努力ではどうにも埋まらない才能の部分であったりするのかもしれません。

「なんだやっぱり才能で決まるのか」と思ってしまいましたか?

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

そんな言われ方したらそら思うわよ

確かにピカソのように努力だけでは辿り着けない境地に至った人もいます。

それを才能があったからと言うならばその通りでしょう。

しかし、才能がある人が努力をしてないかと言われればそうではありません。

<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

才能プラスで努力か…

才能があっても腑抜けた態度で過ごしている人ならば努力した才能のない人間には負けてしまうでしょう。

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

ウサギとカメの話みたいですね

とするならば、努力していればピカソまではいかなくとも固定ファンや数千人程度に注目されるくらまでは上り詰めることができるはずです。

私は残念ながら努力の途中なので説得力に欠けますが上手くなるという1点に絞り努力するなら私程度の画力までは余裕で辿り着けます!

そこから人気が出るかどうかはまた別の話になりますが、単純に自分の描きたい絵を描くだけならば努力の範囲内の話です。

努力より先の人気について知りたい方は以下の記事も読んでみてください。

リンク(編集中)

才能以上に自分の表現したいものに向けて努力を続ける事がそのまま上達へ繋がっていきます。

折れそうになっても続けることだけはやめないでいきましょう!


まとめ

皆様いかがでしたでしょうか?

今回は絵の上手い下手について書いてみました!

単純な努力だけでも、自分の描きたいものを描く一点に絞ればある程度の画力までは持ってけるということが伝わっていればなと思います。

筆者自身過去の自分に何か伝えられることがあるのなら、このくらい絵が上手くなってるよと言って励ましてあげたいです笑

筆者の過去絵はこちらから リンク 今の画力に満足しない人でも続けることで見えるものもあるでしょう。

今回の記事で少しでも励みになればと思います それではまた。

作業効率upオススメキーボード

今回の記事は役に立ちましたでしょうか?

当ブログでは作業に役立つ便利グッズも紹介しておりますが、中でも作業効率を上げるという一点においてコチラは持っておいても損はしないので最後に紹介させていただきます。

それは、ゲーム用キーボードです。

ショートカットキーを登録して作業効率を上げるという一点では以外にもゲーム用キーボードが役に立ちます。

筆者はアニメーターを少しだけやっていた時代があり、当時業界では珍しい紙を使わないデジタルの現場でしたが、制作人ほぼ全員が片手にゲーミングキーボードを置いて作業していた記憶があります。

アニメの忙しい現場でも使われるくらいには作業効率の向上が望めますので、気になる方は一つ持っておいても後悔はしないでしょう。

購入の際には手を台に置きながら操作できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

テンキーのみのものもありますが、はっきり言って台がないと単純に疲れます。

購入の参考として以下のようなタイプのものを選ぶことをオススメします。

独学に自信がない人にはオススメ

独学での画力向上に躓いたら専門学校に通う手段もあります!

特にサボリ癖のある人、めんどくさい気持ちが先行してしまう人にこそオススメです。

強制的に描かなければならないというプレッシャーを簡単に得ることが可能なためまずは無料の資料請求や体験授業に応募してみてはいかがでしょうか?

もちろん、単純に絵の勉強の仕方がわからないという人や初心者の方でも資料請求や体験授業は無料で応募できます。

体験授業では運がいいと大手企業のイラストレーターさんが直接教えてくれることもありますので(実体験)時間に余裕のある方は試してみてください!

学生から社会人までプロから直接学べる学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

プロから直接学べるアミューズメントメディア総合学院

時間が無い人向け、短期間で学べる学校の資料請求はコチラ⇩

大人が学ぶ、デザイン専門校『東京デザインプレックス研究所』

有名絵師を多数輩出した実績を持つ信頼ある学校の体験授業、資料請求はコチラ⇩

代々木アニメーション学院

スポンサーリンク
知ってると便利
ブログランキング
<span class="has-inline-color has-pink-color">質問嬢</span>
質問嬢

勉強も兼ねて息抜きするなら1冊95円のDMMコミックレンタル!

<span class="has-inline-color has-teal-color">案内嬢</span>
案内嬢

イラスト素材のピクスタで表現参考の写真を探してみるのもいいですね

<span class="has-inline-color has-orange-color">広報嬢</span>
広報嬢

絵のサイトやブログを持っておきたい人はカラフルボックスで作るのがオススメよ絵に寄るガイドもカラフルボックスを使ってるわ

<span class="has-inline-color has-black-color">喚起嬢</span>
喚起嬢

Adobeマスター講座でフォトショップを安く使えるよ!!

<span class="has-inline-color has-purple-color">選定嬢</span>
選定嬢

絵を描くならペンタブは必須だよ、wacomペンタブレットを使うのがいいかも

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
絵に寄るガイド

メ夢

ブログ運営者
メ夢

絵師レベルとしては、なんやかんやでウィキペディアにも実名ではありますが、制作人として記入される程度までは這い上がることが出来ました。

私が絵を描き始めたとき周りの人間はお前には無理と罵りましたが、そんな画力のなかった人間でも実名が載ったときは少しばかりは目立てるのだと歓喜したものです。

つまるところ当ブログで何を伝えていきたいのかというと、今画力が無くて絶望している貴方でも、私程度の画力は有することが出来るよってことが伝わっていけばいいなと思います。

フォローして更新情報をゲット
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました